谷川主脈縦走|一面の雲海と滝雲|平標山~仙ノ倉山~万太郎山~谷川岳

2018年6月17日は、谷川主脈を縦走してきました。
前日に平標山の家に宿泊し、朝6時前に小屋を出ました。

小屋を出てしばらくすると雲海を抜け、平標山の家方面を振り返ると一面の雲海と豪快な滝雲!
雲海の向こう側に浮かぶ山々は富士山と奥秩父の雲取山、甲武信ヶ岳、金峰山、瑞牆山などです(山小屋のかたが教えてくださいました)。

平標山中腹から見る雲海と滝雲

平標山中腹から見る雲海と滝雲

平標山山頂に着くと、北側(新潟県側)は晴れていました。

平標山山頂から北側の景色

平標山山頂から北側の景色

こちらは南東側の景色。一面の雲海です!
手前右側から浅間山、その奥に八ヶ岳、さらにその奥に南アルプス!

平標山山頂から浅間山、八ヶ岳、南アルプス

平標山山頂から浅間山、八ヶ岳、南アルプス

北西側には越後三山、尾瀬の山々がくっきり見えました。

平標山山頂から越後三山、尾瀬の山々

平標山山頂から越後三山、尾瀬の山々

平標山から仙ノ倉山に向けて歩き出します。
遠くには尾瀬の至仏山と燧ヶ岳が見えています。

平標山から仙ノ倉山

平標山から仙ノ倉山

平標山と仙ノ倉山の間は、初夏の花々でにぎわっていました。
どの花も例年より1週間くらい開花が早かったそうで、1週間くらい前が全盛だったそうです。
雲海の向こうに島のように小さく見えている山は赤城山。

平標山から仙ノ倉山にかけてのお花畑と赤城山

平標山から仙ノ倉山にかけてのお花畑と赤城山

お花畑と巻機山、越後三山方面。

平標山から仙ノ倉山にかけてのお花畑と巻機山、越後三山

平標山から仙ノ倉山にかけてのお花畑と巻機山、越後三山

雲海の様子。奥に見える山は日光方面の山々と武尊山。

平標山から仙ノ倉山の眺め、雲海と日光方面の山々

平標山から仙ノ倉山の眺め、雲海と日光、武尊方面の山々

平標山から仙ノ倉山の眺め、雲海と日光方面の山々

平標山から仙ノ倉山の眺め、雲海と日光、武尊方面の山々

花の写真を撮りながらも、あっという間に仙ノ倉山が近くなってきました。

仙ノ倉山

仙ノ倉山

仙ノ倉山の山頂直下から、平標山方面を振り返ると、このような景色。
平標山の向こう側には、頂上湿原のある独特の形の山、苗場山も見えます。

仙ノ倉山山頂直下から見る平標山と苗場山

仙ノ倉山山頂直下から見る平標山と苗場山

山頂から西側の平標山方面。
平標山、苗場山だけでなく、雪に覆われた白馬三山もかすかに見えます。さらにその左側には浅間山。

仙ノ倉山山頂から平標山、苗場山、白馬三山

仙ノ倉山山頂から平標山、苗場山、白馬三山

仙ノ倉山山頂から東側の谷川岳、越後三山、尾瀬方面。

仙ノ倉山山頂から谷川岳、越後三山、尾瀬の山々

仙ノ倉山山頂から谷川岳、越後三山、尾瀬の山々

仙ノ倉山山頂から南東側の皇海山、赤城山、日光の山々。一面の雲海です。

仙ノ倉山山頂から皇海山、赤城山、日光の山々

仙ノ倉山山頂から皇海山、赤城山、日光の山々

富士山と、奥秩父の雲取山、甲武信ヶ岳、金峰山、瑞牆山も見えました。

仙ノ倉山山頂から奥秩父、富士山

仙ノ倉山山頂から奥秩父、富士山

仙ノ倉山山頂から谷川岳方面に向けて歩きます。
こちらは、山頂近くで撮影した動画。

これから向かうエビス大黒ノ頭と万太郎山の間には、雲海から流れ落ちるような滝雲を見ることができました!

エビス大黒ノ頭と万太郎山の間の滝雲

エビス大黒ノ頭と万太郎山の間の滝雲

エビス大黒ノ頭と万太郎山の間の滝雲

エビス大黒ノ頭と万太郎山の間の滝雲

仙ノ倉山から見る雲海と滝雲

仙ノ倉山から見る雲海と滝雲

滝雲が流れ落ちる様子を動画に撮影してみました。

滝雲の中は景色があまり良くなく、先も急いでいたために写真は控えめ。

万太郎山が近くなってくると、高山植物が太陽に映えてきれいに見えました。

万太郎山近くの花々

万太郎山近くの花々

万太郎山山頂直下から谷川岳方面。
平標山と谷川岳の中間点くらいで、まだまだ谷川岳は遠いです。

万太郎山から谷川岳方面

万太郎山から谷川岳方面

縦走の後半は、雲が少し多くなってきたこと、疲れてきたこと(?)、前半と比べると高山植物や絶景を眺めるピークが少なかったこともあり、写真が控えめになりました。

無事に谷川岳に到着し、歩いてきた縦走路を振り返りました。
仙ノ倉山がはるか遠くに見えます。

谷川岳から万太郎山、仙ノ倉山

谷川岳から万太郎山、仙ノ倉山

時間が15時を回っていたせいか、谷川岳のトマの耳は独占状態でした。

谷川岳トマの耳から北側

谷川岳トマの耳から北側

この後、天神平方面に下山し、ロープウェーで土合駅までたどり着きました。
タフな1日でしたが、梅雨の晴れ間に、雲海・滝雲・お花畑ととても満喫でき、思い出深い1日となりました。

このブログでは、写真を中心にご紹介しておりますが、ヤマレコでは、コースや通過時刻などの記録も含めた山行日記も公開しております
谷川主脈縦走 平標山登山口~平標山~仙ノ倉山~谷川岳~天神平