昨日の入笠山に引き続き、今日は飯盛山に登ってきました。
なぜ飯盛山なのかといいますと……。
夫と年末年始にどこか八ヶ岳周辺に旅行に行こうということが先に決まっており、1歳児を連れて安心して泊まることができる宿を探した結果、ヒットしたのが清里のペンション(キッズペンションめーぷる)でした。
そこで清里周辺では飯盛山のほか、日向山や編笠山、さらに少し足をのばして北横岳や霧ヶ峰なども検討しましたが、日向山(冬は下のほうから登らなくてはいけない)や編笠山は行程が長いため、また北横岳や霧ヶ峰は清里から遠いため、候補から外れました。
行程が長いと娘のオムツ問題が心配なのです。夏はまだしも、冬氷点下の中でオムツ交換はしたくないですから…。
飯盛山はこれまで知らなかった山ですが、過去のヤマレコの記録なども見ると短い行程にもかかわらず景色も良く、またベビーキャリアでも安全に登れそうということもあり、今回行ってみることにしました。

飯盛山の登山口となる平沢峠。
八ヶ岳の展望スポットとしても知られているようで、八ヶ岳を間近に見ることができます。いきなりの絶景に登山への期待が膨らみます。
平沢峠 飯盛山登山口

登山道の北側は国立天文台もあるのできっと晴天率も高い地域なのでしょう。
冬なので空気も澄んでおり遠く浅間山も見えています。
この分岐では平沢山を経由して飯盛山に登るルートと、平沢山を巻いて飯盛山に行くルートがありますが、せっかくなので平沢山経由にしました。
飯盛山登山 平沢山への分岐

平沢山は八ヶ岳の大展望!八ヶ岳は飯盛山よりも平沢山のほうがより間近に大きく見ることができます。
(行きより帰りのほうが天気が良かったため、こちらは帰りに撮影した写真です)
平沢山から八ヶ岳

平沢山からの下りは南斜面のためか融雪が進み所々ぬかるんでいました。
そこを下りきると飯盛山はあっという間です(そもそも登山口から飯盛山まで1時間で着くため、どこの行程を取ってもあっという間ではあるのですが)。

飯盛山からは富士山が綺麗に見えました。冬は空気が澄んでいていいですね!
飯盛山山頂から富士山

南アルプスもきれいに見えていました。左から鳳凰三山、北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鋸山。
飯盛山山頂から南アルプス

こちらは先ほど登った平沢山(左)と帰りに登る予定の平盛山(別名・大盛山)。
その間に浅間山が遠くに見えますね。
平沢山と平盛山(大盛山)

帰りに登った平盛山は強風のためにすぐに退散。
そして下山路を間違えて(平盛山に鹿よけの柵があったのですが、いくつかドアがあり、間違えたドアから出てしまったようです)、途中まで平沢山の北斜面を歩いてしまいました。
そのためヤマレコのトレースが一部ルートから外れています。

ヤマレコでは、コースや通過時刻などの記録も含めた山行日記も公開しております
飯盛山・平沢山・平盛山

Instagramでも登山中に撮影した写真を発信しております。
tokiko.jpのInstagram

twitter始めました。
tokiko.jpのtwitter