赤ちゃん用(乳児:0歳児・1歳児)の登山ウェア

室堂平で遊ぶ1歳児

赤ちゃん用(乳児用)ウェア・シューズのページはこちらに移動しました。新しいページでは、より豊富な写真でウェアについてご紹介しています。このページも当面の間はご覧頂くことができます。


子供が5ヶ月になりお座りが安定したころ、そろそろ子供を連れて登山に行きたいなあ…と思いながら、ふと「そういえば何を着せていこう?」「赤ちゃん用のウェアってあるのかしら?」と疑問に思いました。

登山ウェアブランドからも赤ちゃん用のウェアが発売されているのですが、高かったり種類が少なかったり…。

そこで赤ちゃん用の登山ウェアについて活用したブランド・商品や気づいた点について書きたいと思います。

ベビーキャリア登山の注意点と準備するものについてはこちらを、実際のベビーキャリア登山の山行記事はこちらを、マタニティ登山ウェアについてはこちらをご覧下さい。

先に結論から書くと…

もっとも重宝したのがH&Mのセール品でした。ウール素材のカバーオールや上下セット、タイツ、小物類(ミトンやバラクラバ)が豊富で安い!さらに100サイズ以上になりますが速乾性の上下スポーツウェア防水シューズ(ゴアテックスではないがそもそも乳児用のゴアテックスは皆無)が豊富なのです。たくさん購入するとクーポンをもらえる機会も多いので、とてもお世話になりました。

とはいえH&Mは一般的なアパレル中心のメーカー。雨具やウィンドブレーカー、ダウンジャケットなど、アウトドア専用の高機能繊維が必要なものはモンベルを利用しました。それからユニクロのヒートテックも速乾性素材の入手が難しい0歳児の時に活用しました。0歳児は山道を歩くことができず汗もほとんどかかないという前提です。

乳児は成長スピードが速いため、サイズアウトするのも早いです。ダウンやスキーウェアなど高価なものはフリマアプリを活用する手もあります。靴は寒い時期に1cm以上大きめのサイズを買い厚手の靴下と合わせ、気温が上がる&成長するにつれて薄手の靴下に変えていくとサイズ調節・温度調節ができます。ソックスや手袋、バラクラバ、ポンチョなどは商品を選べば長く使えるものもあります。

0歳

富士山 幕岩
0歳夏季
上塚と下塚の間でランチタイム
0歳初秋
双子山(二ッ塚) 宝永山と富士山と我が子
0歳秋季

1歳

室堂平で遊ぶ1歳児
1歳積雪期
1歳積雪期
伊豆山稜線歩道
1歳春季
祖母山 国観峠
1歳春季

今後、子供が成長すると共にウェアも変わってくると思いますので、随時加筆していきたいと思います。

注意事項

子供は晩秋生まれのため、お子さんの誕生月によっては季節感と入手できるサイズが合わない可能性もあります。リンクは商品やブランドにしていますが、H&Mなどボーイズとガールズで分かれているブランドはガールズの商品へのリンクになります。男の子の場合はボーイズで検索してみてください。メーカーサイドでホームページがリニューアルされた場合はリンク切れになる可能性もありますのでその場合は検索機能などで検索してみてください。

関連情報

ベビーキャリア登山情報

関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。